人気ブログランキング |

スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

点景 今日ぼくが拾ったことば

2004年11月1日、月

こんなことばをみつけた。



(前略)
 エクアドルの北部沿岸に、ぼくが勝手に「エスペランサ」と名づけた町がある。雨季には毎日断続的に雨が降り、道は泥だらけ。窓という窓にはいつも人々の姿がある。道行く人と挨拶を交わしたり、外で遊ぶ子らに気を配ったりする他は、皆何かを、そして誰かを待っている風情だ。何時間経っても、何日経っても待ちくたびれる様子がない。肖像画の人物のように窓枠に馴染んでいる。1年後、2年後に、同じ窓に同じ人たちがいて、このぼくが戻ってくるのをじっと待っていてくれたのだと知っても、ぼくは驚かないだろう。
 エスペランサとは希望。その動詞のエスペラールにはふたつの意味がある。ひとつは「望む」、もうひとつは「待つ」。この町では生きることと待つことが溶け合っている。

辻信一(文化人類学者、環境運動家)
2004年11月1日、月、朝日新聞夕刊「こころの風景」より
by stelaro | 2004-11-01 20:00 | 点景、スロウデイズ、紅茶時間