スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

「問題のない私たち」

■ 2006/11/30 Thu 「問題のない私たち」

画面をちらりと覗いた家人が、暗い話が好きだね、と、言った。

暗いかね。
暗いかな。

女子高生(または「こどもたち」)のリアル、を
知っているような知らないような見たくないような
または、テレビの向こう週刊誌の中のトピックスにしておきたい人には
きっと、これらは暗い話なのだ。
または、とてもあかるくてあたたかな10代を送ったか
全部を忘れることに成功した大人にとっては。

映像で描かれるリンチ、とかビジュアル的にカゲキなかたちをとらなくとも
ああこういうことがあったよと思う私には
暗い、の前に、ほんとだ、がくるから
断片的にはさまれる夏の青い空が自分の記憶とだぶっちゃったりして
すでになかば既視感に近かったりして。

……そういうのも、そもそも、暗いですか。(苦笑)

女の子ばかりの学校の1クラス、の中の
ひとりの女の子の春から秋を描いた話、
……なんて言ったらもうそれはとても
無邪気で陰湿で暗くてかわいい、でしょう?

あなたはこのリアルをじぶんのなかに
見つけることが、できますか。
あるいは、もう消化しましたか、それとも
知らずにここまで生きてきましたか。
忘れましたか。

わたしはぐしゃぐしゃに歪んだ青空と流れる雲のなかに
それを、凝り固まった核みたいにとじこめていて持っている。
マイナスでもプラスでもなく
ただ、その核はきれいにできた塩の結晶のように四角くとがっていて
そして目が痛くなるくらい、白いのだ。

悪態に満ちた手紙も
この長すぎる髪を切られそうになったことも
だれも誰も信じなかったことも
大人は見ているだけで見てはいないと知ったことも。
私には、この映画の主人公のように、助言をしてくれるまりあはいなかったので
仕方ないから一人で学んだ
自分がしたいろんなことはバカバカしいということも。
そうして、そのバカバカしいことを
二十歳になろうともくりかえすバカバカしい人がせかいにはちゃんと
たくさんたくさん、いることも

みんなみんな知っていて
知ってみても特に変わらず

死ぬ勇気なんてありえないし生きる勇気もいらない
そんなタイギメイブン、よりも
死なないでいる息の長さみたいなものが大事なような気がする
ひっそりと、ふかく長く、息を吸って、吐く、こと。
心臓を動かすこと。
そうしないと
たとえば10年後に笑うことはできないので。

シビアであかるくて砂糖菓子みたいで過酷な
それは10代の「こどもたち」の、毎日だったし
毎日なのだと、思う。
どんなちいさなカケラにもひそむ、とがった角と、あかるい側面。
[PR]
by stelaro | 2006-11-30 00:38 | コトノハ:cinema