スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

「おいしいフカフカのみわけかた」

「フカフカとこむぎ」


前から好きだったかどうかは知らないけれど
こむぎは、フカフカがすき。
とくに、白いフカフカ。

……クッションとか毛布とかじゃあ、ありませんよ。
(いや、それも好きだとおもうけど。たぶんきっと?いや絶対…)
パンの話。

ねこにパン。

ねことパン。

………。

いろんなものを食べるねこを知っていますが
(ごはんというより、きゅうりとか、ビスケットとか、、、メロンとか?)
きっとそれはおなかがすいているからなんだろう、と
すすんで「それをくださいな」とパンに寄ってくるねこがいるとは
思ったことが、なかったな、、、。

まさか私が、こむぎ、と名づけたせいじゃあ、あるまいし……。

いつがはじまりだったのか思い出せないけれども
とりあえず今。
中華まんを食べていると、こむぎはやってきて
正座で座ります。

「そのしろいフカフカをくださいな」

はい。

「なかみはいらないです」

そうだね。

それが肉まんでもお肉はいらない、外側だけほしい。
あくまで、「フカフカ」のところがほしい。
ねこには、栄養にならない、のに。

今日の朝はきのうの帰りに買ったくるみパンで
(パン屋さんでバゲットを選びながら、これきっと
硬いところじゃなくて中身をちょうだいってこむぎがくるよ、とKさんに言ったけれど、
それを待つまでもなく)、こむぎがやってきた。

「なんだかいいものがあるとおもう」

そ、そうだね。

「くださーい」

はい。

……かくして私とこむぎは同じパンをわかちあうのであった。(若干にんげんの取り分は減る)

よかったね、最近おいしいフカフカが
あんまり、なかったもんね。

そうなんだな。

こむぎさん、あんまりお安い(?)パンは、食べません。
今まででいちばんおいしかったらしいのは
近くのカフェでもらった(?)渋谷の天然酵母パン屋さんの試作品(!)でした。
柚子ピールと生姜も入ってる焼き立てのおいしいやつ。

コンビニで買ってきたおやつパン、とか
Kさんが買ってきた袋マフィンなどなど、は
興味がない、あるいはにおいをかいで、

「これチガウ」

うん、そうだねよくわかるね。

……こむぎのフカフカセンサーはなかなかきびしい。

思うに、このひと、「正しいスコーン」とかきっとすきなんだよ。

うん。


3月2日、追いかけっこのなかにて。
[PR]
# by stelaro | 2015-03-03 17:40 | ねこ、ときどき、雨

読書キロク:2015年2月

b0048645_1581444.jpg

(読書メーターより、リンクは貼ってありません)

冊数とページ数はともかく、ほとんどコミックスである。(<不本意らしい・・・・・)
久しぶりに読みたいテーマのルポタージュを見つけてじっくり読んだのが収穫であり
『繕い縫う人』が読みたいのだけれど、トーキョーのくせに書店さんが近くになく
オンラインでは映画化の影響でか、ずうううううっと売り切れている!
ので入手不可です読めません!というのが、残念であることは、ある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015年2月の読書メーター
読んだ本の数:16冊
読んだページ数:3644ページ
ナイス数:25ナイス
http://bookmeter.com/u/15915/matome?invite_id=15915

■ロカノンの世界 (ハヤカワ文庫SF)
読了日:2月2日 著者:アーシュラ・K・ル・グィン
>短編で読んだロカノンに会いたくて、こちらにも手を出した。
 想像していたものとは違う方向でのつくりだったのだけれど
 グウィンの描くせかいはやっぱり好きだな、とおもった。
http://bookmeter.com/b/4150108234

■シシ12か月 (白泉社文庫 わ 2-12)
読了日:2月4日 著者:わかつきめぐみ
http://bookmeter.com/b/4592890140

■コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)
読了日:2月4日 著者:小川一水
>どうしてまだ持っていなかったのかな?と購入。
 『』の解説にあった気がする
 こんな暗い終わり方はいやだ!という言葉を思い出した。
 バッド・エンディングには終わりたくない。
 …SF作家というものは、希望をつくる職業なのかも知れない、と最近おもう。
http://bookmeter.com/b/4150311048

■総員玉砕せよ! (講談社文庫)
読了日:2月5日 著者:水木しげる
>水木しげる氏の戦中記をいきなり「また」読みたくなって
 (小学生のおしまいくらいに一冊読んでいる)
 なぜか、漫画で描かれたこちらを選んだ。
 ……さいごのみ、フィクション。
 ひどく等身大であって、それだけに容赦がなくて、他の人には描けないもの。
 文章だった前作よりも、読むのにずっと時間と勇気がいりました。
 むきだしな余りに途中で手放したくなったのが、私のほんとうです。
http://bookmeter.com/b/4061859935

■半神 (小学館文庫)
読了日:2月5日 著者:萩尾望都
http://bookmeter.com/b/4091910173

■真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)
読了日:2月8日 著者:大沼紀子
http://bookmeter.com/b/4591136248

■中国嫁日記(四)
ジンサンの冒頭の文章がしみた。。。
読了日:2月9日 著者:井上純一
http://bookmeter.com/cmt/44941224

■繕い裁つ人(1) (KCデラックス Kiss)
読了日:2月9日 著者:池辺葵
>…繕い&断つ。
 そんなの、ぜったい好きに決まっている、と久しぶりに手を出した
 内容もなにも知らない、あたらしいひとの描くせかい。
 ぜんぶ読み終えてから感想を書きたいものだけれど
 映画化の影響か、どうやらずうっと売り切れになってしまっていて
 どうしてまとめて買っておかなかったかな、と悔やみ中(続行)です。 
http://bookmeter.com/b/4063760227

■殿様とトラ 幼少篇 (書籍扱いコミックス)
読了日:2月11日 著者:くるねこ大和
http://bookmeter.com/b/4344824385

■旅猫リポート
読了日:2月13日 著者:有川浩
>Kさんが、これはどう?と図書館で借りてきて貸してくれました。
 ひさしぶりの有川浩だった。
 初期のころのようなずっしり感は、正直うすれたように感じるけれど
 (厚さも減った?)、読ませる力のあるひとなんだなと、改めておもう。
 いい旅と、いい猫。いい飼い主。
http://bookmeter.com/b/4163817700

■殿様とトラ (バーズ エクストラ)
読了日:2月14日 著者:くるねこ大和
>いいなあ。出てくる人がみんなねこ大好きのほんわかなのも、
 こどもにねこが見えている?のも。
 ところで最後に「某・猫医者」が特別出演したらどうしようかとちょっとだけ期待しました、、、
 顔の系統がどうしてこうなった!?になってしまうけど。
http://bookmeter.com/cmt/45068760

■かごめかごめ (書籍扱いコミックス)
読了日:2月21日 著者:池辺葵
>淡くひかるようなしずかな毎日のなかで、
 ある鮮烈な輝いた一時は、たとえば十年の時間を経ても
 「うすれることはないくっきりとしたもの」として刻まれてしまうことを私は知っている。
 彼女たちのなかでは、なにが愛になったのだろう。
 誰かに守ってもらえたことが、いつかなにかを守ることにつながっていたら、
 そうして心からほほえめたのなら。
http://bookmeter.com/cmt/45257030

■サウダーデ(1) (KCデラックス Kiss)
読了日:2月23日 著者:池辺葵
http://bookmeter.com/b/4063760863

■サウダーデ(2) (KCデラックス Kiss)
読了日:2月23日 著者:池辺葵
http://bookmeter.com/b/4063766063

■家のない少女たち
 10代家出少女18人の壮絶な性と生 (宝島SUGOI文庫) (宝島SUGOI文庫 A す 2-1)
読了日:2月24日 著者:鈴木大介
>前書きにあるタイトルがよかったな。サブでも残したらよかったのにな、
 と思いながら「覚悟」を決めてページを開く。
 こういう文章を読むときに必要なのは、そこに展開される「過激さ」に
 圧倒されすぎたり目を奪われないことだとおもうから。
 そちらだけにとらわれたら、たぶん、わたしは彼女たちにとって
 「どうせあっち側のオトナ」になる。
 たぶんこの中には、スレスレでそっちに行かなかった私もいる。
 これが一冊目なので、もうしばらく追いかけたいテーマ。

http://bookmeter.com/cmt/45351031

■シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))
読了日:2月25日 著者:宮崎駿
http://bookmeter.com/b/4196695108


▼読書メーター
http://bookmeter.com/
[PR]
# by stelaro | 2015-03-01 15:41 | コトノハ:ブックレビュウ

読書メーター:2015年1月キロク。

b0048645_10143182.jpg


ねこ2を追いつ追われつしながら、多少読むのがはかどったかもしれない、一月。
ずっと読みたかった大草原の小さな家のシリーズを、とうとう読めたのが収穫。

小学二年生の時にはうちにあった福音館のハードカバー版を勝手にじぶんの「蔵書」にして
何度も読んでいた、いっぱしの愛読書だったのだけれど、しかし、
市立図書館で「そのつづきらしいもの」を見つけてすごく喜んでひらいたら
「かあちゃんがいった」
・・・・・・か、かあちゃん?
かあさんととうさん、じゃなくって、かあちゃんととうちゃん!?
と、ショックをうけて全く読めなかった、という
たぶん知る人ぞ知るありがちな経験をしているため
かあさんととうさん、になった新訳が出て、個人的にはとてもうれしかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:3693ページ
ナイス数:26ナイス
http://bookmeter.com/u/15915/matome?invite_id=15915

■大草原の小さな町―ローラ物語〈2〉 (岩波少年文庫)
読了日:1月2日 著者:ローラ・インガルスワイルダー
http://bookmeter.com/b/4001145162

■わかってほしい
読了日:1月5日 著者:momo
http://bookmeter.com/b/4861010179

■猫返し神社
読了日:1月6日 著者:山下洋輔
http://bookmeter.com/b/4864103003

■この楽しき日々―ローラ物語〈3〉 (岩波少年文庫)
読了日:1月7日 著者:ローラ・インガルスワイルダー
http://bookmeter.com/b/4001145170

■はじめの四年間―ローラ物語〈4〉 (岩波少年文庫)
読了日:1月8日 著者:ローラ・インガルスワイルダー
http://bookmeter.com/b/4001145189

■エリカ 奇跡のいのち
読了日:1月8日 著者:ルース・バンダージー
ページ数はすくないけれど、たぶん、じっと隅々まで読んだらいい本。
見開きいっぱいにカラーの絵がひろがったとき、世界がこんなにあかるいということと、
そこに独りで残されたことの哀しさのようなものが、
こちらに向かってふわっと押し寄せてきたような気がした。
たぶん、私が小学生のとき一人ではじめて呼んだアウシュビッツの絵本は、
こんな強さと拡がりを持っていたのじゃないかと思う。
ここからはじまる、本。
http://bookmeter.com/cmt/44105878

■街角花だより (双葉文庫名作シリーズ)
読了日:1月9日 著者:こうの史代
http://bookmeter.com/b/4575727814

■ねこに未来はない (角川文庫 緑 409-2)
エッセイというよりはもうひとつのおはなし、で、
巷のうちの子話とは一線を画しているのだ。
なんだかすごく味わいのあるひとたちとねこ、ねこが居る、ことのほのあたたかさとセットのきびしさ。
そうして詩人は「猫」でも「ネコ」でもなく、やっぱり「ねこ」と書くのだよねとふかぶかと納得するわたし。
ガアグの『ひゃくまんびきのねこ』は大好きな絵本です。
読了日:1月12日 著者:長田弘
http://bookmeter.com/cmt/44223351

■天冥の標VIII ジャイアント・アークPART1 (ハヤカワ文庫JA)
PART2のための、再読。。。
もう一巻目を読んだときの「……え? ええーーっ!?」から一転して、
明るさの裏の暗さ、哀しさと恐怖が溢れかえるんである。
とくに最後のシーンの恐ろしさはここまでずっと世界に付き合ってきた者ならひしひしと感じるでしょう。
次に進むのが怖い、怖すぎる、、、
しかし誘惑は強すぎて、ぼくらはPART2のページに立ち向かうのだ。
読了日:1月13日 著者:小川一水
http://bookmeter.com/cmt/44244063

■天冥の標VIII ジャイアント・アーク PART2 (ハヤカワ文庫JA)
読了日:1月14日 著者:小川一水
http://bookmeter.com/b/4150311692

■ママになったネコの海(カイ)ちゃん (ポプラ文庫)
読了日:1月14日 著者:岩合日出子,岩合光昭
http://bookmeter.com/b/4591109135

■チョコリエッタ (角川文庫)
読了日:1月23日 著者:大島真寿美
http://bookmeter.com/b/4043808038

■マイ ガーデナー (集英社クリエイティブコミック文庫)
読了日:1月24日 著者:紡木たく
やっと手に入れた。やっと読んだ。
ただもう、かなしさをくるみこんでいるたくさんの風景とぬくもりに満ちている。
すきだよ、だいじだよ、ということを、
言葉ではなくて水がしみこむように伝えてくれる。
みんな、きっと笑って生きていけると思える、そのたいせつでとても壊れやすい尊いもの。
ありがとう。
http://bookmeter.com/cmt/44530961

■うさぎパン (幻冬舎文庫)
読了日:1月26日 著者:瀧羽麻子
http://bookmeter.com/b/434441621X

■わたしのマトカ (幻冬舎文庫)
読了日:1月27日 著者:片桐はいり
http://bookmeter.com/b/434441425X

■どんぐり姉妹 (新潮文庫)
読了日:1月31日 著者:よしもとばなな
http://bookmeter.com/b/4101359423

■モンテロッソのピンクの壁 (集英社文庫)
読了日:1月31日 著者:江國香織
http://bookmeter.com/b/4087477150


▼読書メーター
http://bookmeter.com/
[PR]
# by stelaro | 2015-02-01 10:02 | コトノハ:ブックレビュウ

37のつぶやき

b0048645_38413.jpg

今年もまた、立冬がきます。

今年もまた、ひとりでむかえるこの日。



この夜の先には、なにがあるんだろう。


たとえばトランクに座って
あたたかいお茶をつつんで
きりっとしたあおを、みる


そんなときがあるといいとねがうわがままな
ぼくのみちのり

……ふらふらとここまでつづいたね



ねえ、みんな、
げんきですか。




2014.11.7.未明、
なれしたしんでしまった部屋にて
ma.i
[PR]
# by stelaro | 2014-11-07 03:08 | コトノハ:呟

冬空はじめ。

b0048645_1111375.jpg

いつでもどこでも窓はあけてしまう。
隙間だけでも。

外が苦手、であるくせに
つくづく家出好きないきものなんだなと
じぶんをおもう久しぶりの感覚、

この場所はコンパクトで大きいよ。
携帯地図なしにふらついた1日が明けて


ことしはじめての、あおいいろのそらをみました。


西の都にふゆの気がくる。


神無月、18、どこも晴れ
[PR]
# by stelaro | 2014-10-18 11:11 | コトノハ:呟

逆向きヒコーキ。

b0048645_11475925.jpg

ひさしぶりに飛行機に乗るべく羽田へゆく道の途中。
トランクをつめるのは、まったくもってひさしぶりじゃあありません、が
いちおう「旅」と名目がつきそうな荷造りはひさしぶりで

ただ、、、いつもと真逆なのが、
ナンゴク家出人としては、ちょっと、若干、
いや、かなり?
戸惑うことです。もうなんだかヒコーキは南西に向かうと
からだのなかで決まっているらしい。

……身内のお祝い事、なので
トランクのなかみはワンピースだけどドレス。
さんだるでも下駄でもなく、灰紫色のストラップシューズ、が
つまって、います。
[PR]
# by stelaro | 2014-08-22 11:47 | コトノハ:呟