スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

読書メーター:2012年5月キロク。


b0048645_2352451.jpg



5月の読書メーター
読んだ本の数:23冊
読んだページ数:5888ページ
ナイス数:17ナイス

■三匹のおっさん ふたたび
読了日:05月01日 著者:有川 浩
http://book.akahoshitakuya.com/b/4163812601

■うさぎドロップ (1) (FC (380))
再々々読くらいになるのですが…映画のほうを観たので、「ダイキチ30歳」の原作に戻ってきた。とりあえずりんが小さい頃だけは読み直してみようと。最初のこの頃は、ほんとうに色々起きているんだけれど、かんたんに劇的にしないで、実は大きな「たいへんなこと」をていねいに描いているところとか、黙っていたりんがだんだんダイキチに自分の言葉をしゃべっていくようになるのが好き。お弁当箱のシーンでりんが「ちがーう!」と言えるようになっているのは実はすごいと思う。
読了日:05月04日 著者:宇仁田 ゆみ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18690926

■うさぎドロップ (2) (Feelコミックス)
読了日:05月05日 著者:宇仁田 ゆみ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4396764006

■うさぎドロップ (3) (Feelコミックス)
ひそかに、まーちゃん(まさこさん)が、好き。何度も読んでいるからか、なんとなくまーちゃんの、傍から見たら無責任かも知れない「ひっそりしすぎ」でいなくちゃいけないという気持ちがわかる気がする。プリンを大量に食べつつ、りんを大好きでいつつ、自分には資格はないからそのきもちを押し殺そうとする一途すぎるまーちゃん。
読了日:05月05日 著者:宇仁田 ゆみ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18719735

■うさぎドロップ (4) (Feelコミックス)
パパ友(?)の話にふふふと笑い、風邪のエピソードにどきどきさせられた第一部終了。ダイキチが、結構立派な「保護者」になりつつもコウキと一緒に悪ガキみたいに遊んでいるのに少し安心したりもする。がんばっている親子二人組だけだった今まで、に春子と麗菜の「こわれそうな家族のなかの二人」が加わった。ダイキチの実家は最初はハードルがあったにしろ、今はすっかりりんちゃんを可愛がっているけれど、そうゆかないところもある。おうちのなかのことはむずかしい。全部話したら三日三晩かかる春子の「色々」って、どんなだったんだろう。
読了日:05月06日 著者:宇仁田 ゆみ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18744045

■暮しの手帖別冊 季節の手芸 2012年 05月号
読了日:05月06日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/b/B007IOCGY4

■薔薇密室 (ハヤカワ文庫 JA ミ)
読了日:05月09日 著者:皆川 博子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4150310645

■彼女について (文春文庫)
読了日:05月10日 著者:よしもと ばなな
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167667061

■ちひろ 春の画集
読了日:05月10日 著者:いわさき ちひろ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062167867

■空の飛びかた
読了日:05月11日 著者:ゼバスティアン メッシェンモーザー
http://book.akahoshitakuya.com/b/4895726886

■天冥の標6 宿怨 PART1 (ハヤカワ文庫JA)
とうとう、「PART1」の文字がタイトルについてしまった。もう大河小説になる勢いでがんばってついてゆくしかないなあ、と苦笑しつつ、「セアキ」と「イサリ」の今後やらを楽しみに。しかし、どうしてこんな怪物系の生き物が出てくるのかなあと一巻で思っていたけれど、うわあそうなんだ、うっひゃあ、みたいに納得がいきました…。
読了日:05月13日 著者:小川一水
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18927129

■少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)
読了日:05月14日 著者:桜庭 一樹
http://book.akahoshitakuya.com/b/404428105X

■小さいころに置いてきたもの (新潮文庫)
読了日:05月15日 著者:黒柳 徹子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101334099

■悲しみの子どもたち ―罪と病を背負って (集英社新書)
読了日:05月18日 著者:岡田 尊司
http://book.akahoshitakuya.com/b/4087202917

■死者のための音楽 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
なんとなく「しっとりとした」ものが漂っている物語の数々。ホラーではなくて怪談とはよく言ったものだ。淡い世界、あやかしの世界をゆらゆらと海月のようにただようものたちの、明瞭に見えることのない、けれどひっそりと存在しているような気がする、そんな日本の風情がたっぷりと織り込まれていた気がする。読み終えたあと、どこかぬくもりを感じる小説群だった。
読了日:05月18日 著者:山白 朝子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19072888

■妙なる技の乙女たち (ポプラ文庫)
読了日:05月21日 著者:小川 一水
http://book.akahoshitakuya.com/b/4591122735

■バレエへの夢 (1978年) (ドリーナバレエシリーズ〈1〉)
読了日:05月23日 著者:ジーン=エストリル
http://book.akahoshitakuya.com/b/B000J8N34I

■まぼろしハワイ (幻冬舎文庫)
読了日:05月23日 著者:よしもと ばなな
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344415299

■新学期 (河出文庫)
読了日:05月24日 著者:長野 まゆみ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4309409512

■のびゆく悩み (1978年) (ドリーナ バレエ シリーズ〈3〉)
読了日:05月25日 著者:ジーン=エストリル
http://book.akahoshitakuya.com/b/B000J8MGOG

■なんくるない (新潮文庫)
読了日:05月27日 著者:よしもと ばなな
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101359296

■海のふた (中公文庫)
読み終えたら、夕方の風が涼しくて、これから6月なのに秋が来るようにおもった。それだけ深いところにするりと入り込んだみたいな、懐かしさを追いかけるものがたり。
読了日:05月30日 著者:よしもと ばなな
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19386557

■導きの星〈1〉目覚めの大地 (ハルキ文庫―ヌーヴェルSFシリーズ)
読了日:05月31日 著者:小川 一水
http://book.akahoshitakuya.com/b/4894569434


▼2012年5月の読書メーターまとめ詳細
http://book.akahoshitakuya.com/u/15915/matome

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
[PR]
by stelaro | 2012-06-01 22:46 | コトノハ:ブックレビュウ