スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

みじかうた:カラダカラ。


「 夜 拐 ふ 」


ごつごつとひたいのうらをノックするこぶしをよんだはだれかわたしか



背をまるめ呼吸をかぞえる紙の胸変拍子のやぶくひとつまたひとつ



[PR]
by stelaro | 2011-04-20 04:29 | コトノハ:呟

いろつきと、つるつる。


きわめて、個人的なはなし。

さくばん(?)うまれてはじめて
みどりのお湯のおふろ、に入りました
(敏感をこえた病気肌なので、なんというかフツウな入浴剤が
存在しないじんせいなのです、ずっとずっとずううっと)
こわごわ浸かって、肌のうすいところはあまりさわらないで
そのうち、少し目にしみてきたかも?と
いつもの「治療」よりはやめにきりあげて
顔や首は、水洗いして終えたのだけど…

起きたらば、ほっぺたもおでこも、すべすべのつるつる。
ついでに、少し、ふんわり…。

これすなわちわたしには珍しすぎる状態
(むしろ、だいたい、さめはだ…?)
気候やいろいろの条件がよくそろったとき、年に数回あるかないか
それからおととい、来間のビーチで
あんまり海がきれいだから、少しだけ、足だけ波にはいってみたときも
前とちがってしみなかったし、いたくなかったし…!

かくして…
もしかして、もしかして、ほかのいろいろはともかく、
肌はちょっと、げんきになったのかも……!?
と、
気分的にかなり調子にのっていまする。

どうのっているかというと
「リゾートな沖縄お宿には南国的ふしぎエステがあったりするけども
それ、ちょっと、ためしに、挑戦してみたりなんてしちゃう…?」
と、ふふふとおもうくらい、です。

…ここ何日か、キモチに合うところで過ごしていたよね?とか
具合がわるくなると困るから、開きなおっておうちにいるときより
やや強いおくすりで毎日ケアをしていたよね?とか
そういう要素はするりんとつごうよくムシさせていただいて、
南国的お花の薬草湯でゆっくりのびのびリラックス…?
沖縄な土と海と海草のパックでからだすべすべのぴかぴかに?
みたいな、イタルトコロでみたメニューを想像しては
ぽわん、となってみたりする今現在。

このたぐいのヨロコビは、空想妄想全開してでも
あじわいつくすのがねこ流ですの、な

あ、でも、ほんとうにできたら、いいな

ふふふのふ。
[PR]
by stelaro | 2011-04-15 09:48 | 沖縄気候

くぎりゴハン。

b0048645_18424638.jpg

b0048645_18424622.jpg


ねこは、
ブルーシールアイスクリーム・パイナップル
を、買う。

Kちゃんは、
オリオンビール(むろん缶の)
を、買う。

これで、ふたりは

「まいにちアイスは食べないが、まいにちオリオンは、飲む!」

という、新記録をつくった。

おとなである。
[PR]
by stelaro | 2011-04-14 18:42 | 沖縄気候

またね、

b0048645_1713391.jpg


またね、ヒコーキですよ。

また、あるいは、もう。
[PR]
by stelaro | 2011-04-14 17:13 | 沖縄気候

経験値がなさすぎるひとのゆうべ、と朝。


さくばん。

おでん、のあとに「宮古そば」をいただいて半分ずつし
何年ぶりのほんもの三枚肉にちょっと泣きそうにじんわりした
……のは、ともかく(!)

そのあと、一杯だけ飲みたいのと楽しみにしていたお隣の
ラム酒専門店、がなぜだかしまっていたのでKちゃんが、
さーみーしーいー!
モードになって、その先に見つけたバーにすいこまれてゆき
うんちょっとだけならねと、ぱたぱたあとを追っていたわたし<昼はどこも歩けるのに
日が暮れると、突如なにもわからなくなって迷子ねこに変身するのが
この街に限ってどうやらほんとうらしいと、判明しました…。なぜに(T-T)
気がついたら貸切状態店内で
Kちゃんとマスターのおにいさんと三人で
「オトーリ体験、入門編(???)」を、はじめていたんだよ
…というのは、はんぶんくらい夢か秘密でないかなど
ぼんやりなことをかんがえている、朝です…。

オトーリ、についてはうまいこと説明ができないのだけど
この島の、「独特かつ定番な、おさけののみかた」?
…場にいるひとみんなでの泡盛回し飲み会?
まず親役が口上をのべて飲み、
それから一杯ずつ親役に注いでもらいながらみんなが泡盛をいただいてゆき
一周したら、親役がとなりのひとに変わってまた同じことをぐるり一周し
(この時点で、そこにいる全員が二杯ずつは飲んでいる計算に)
…それが、延々と、つづいてゆく、というものです…だいたい。

つぶれるか、途中でダウン帰宅したりで全員いなくなるまで
この、口上&ぐるぐる泡盛グラスがつづく、ということになるらしい、です。
四時間くらいやってたりしますよ、とマスターおっしゃる。

よじかん………。

く、くらくら。

……で、それを、やってみたとかどうだとかいう、おはなし。
さんにんしかいなかったので、超のつく泡盛、どこれかお酒初心者なワタシ、も
輪にはいってぐるぐるしたり口上というのをやった?とか、なんとか…
何周したのかさっぱりわからない=どれだけ飲んだやらもわからん
という、なんぞおそろしいことになる伝統体験だったのでした…たぶん。

ただ、ええと、つぶれは、しなかった…
ただし、うまれてはじめて「酔う」というのがわかりました…
なるほど、こうくらくらするんだねー、と感心して
はばかりながら、某お薬を飲みはじめたときの副作用と
だいぶ似ている…など思っていましたごめんなさい(-_-;)、
ああウソつきました副作用のほうがすごかったです立てなかったし(-_-;)
とか、なんとか…

けど、泡盛で、どれだけ飲んだやらさっぱり不明なわけだからよ?
経験値やら比較対照?がなさすぎて、わからないわけよ…
けっきょく、ねこ的「よいます」ラインはどこにあったのだろう…不明です。
つぶれなかったって、よろこんでいいのか…これ。<複雑かつ混乱。

タクシー呼んでいただいて、気づいたらだいぶつぷれかけ?で
あそんでいたKちゃんをひっぱって、お宿までかえりました…

で、ふつうに、朝なのですけども…
こ、これからどうすれば…!!?
音に聞く、ふつかよい?とかいうものに
なればいいの、か…??
それともげんきに朝ごはんをいただきにゆけば、よいんか?

…お酒初心者すぎてワカラナイねこです…。
[PR]
by stelaro | 2011-04-14 09:06 | 沖縄気候

おでん!

b0048645_21355923.jpg


きょうのばんごはん、

「おでん」!

です。うふふ。これはなんぞ?と思われそうだけれど
れっきとした「おでん」です。

あこがれ「島おでん」についに到達!
具はね、だいこんと、たまごと、青菜と、さつまあげと、あつあげと
あと、てびち。が、たくさん。

うまし。(^-^)v

あ、べつに、季節はまちがえてないですよ、
きょうはちゃんと晴れ26℃のぎらぎらでした。
海もつめたくて、足冷浴がわり?にきもちがよかったです。
気づいたらさんだる型にこんがり日焼けていたりなど。

特筆すべきこと…今年のかき氷はじめでした。
マンゴーかき氷、しろい砂浜をみながら食べました。
やみつきになりそうな、予感の、海辺ゆんたく。
[PR]
by stelaro | 2011-04-13 21:35 | 沖縄気候

はしをわたる、うみをわたる、しまへわたる。

b0048645_190026.jpg


さんかくけいの島の、ひとつの角から
のびている橋を、てくてくと渡った。
来間大橋、いいます。
つながる島は、来間島。

透明度がとてもたかいから、橋をわたるあいだじゅう下の海が底までみえて
とにかく「ぜんぶのあお」が見つかるような橋。

途中で、さかなつりをしているおじさん二人と会って
のんびりたくさんおはなし聞かせてもらい、そのあいだ
うみがめ、が一匹、ゆらゆら、泳いでいきました…
あんた運がいいね!?と、みんなに言われたできごと。

あおいあおい水のなかをゆくうみがめは、
なんとなく、しあわせな感じがした。
[PR]
by stelaro | 2011-04-13 19:00 | 沖縄気候

おはよう。

b0048645_744249.jpg


朝、
おはよう。

すこし、ネツ…たいおんけいはもってこなかったな
目覚ましの「オアシス」がなるまで
おおきなベッドのなかで目をつむっている
外のお天気は、どんなだろう

「破璃の花」をよこになったまま、聴く
おおきなおとで、しずかに、
ぼくの耳にはすこしおおきいイヤホンで

きょうが、できるならあざやかにまぶしく
ありますように

みうしなったうれしさを覚めさせろ

おはよう。
[PR]
by stelaro | 2011-04-13 07:44 | 沖縄気候

なつかしいこと。

b0048645_71292.jpg


白状すると、あっさり畑地に迷い込んだまいごです
あざやかな、季節感なし!の草花が
いたるところゆらゆら、あるいはぎっしり
それから、寄りたくなる道がたくさん。

こんなふうな、草のはえたくねり道とか。
なんだかなつかしいやと少しだけふみいってみたら、もっと
歩いていきたくなったあたし。

呼んでますね、
よばれてますね

サトウキビ畑をわたる風のさわさわ、さわさわ
ひたひたにからだを満たす。
あたまがゆるゆるほどけてその音だけでいくらでも
そこにいられそうだった。たぶんいられるんで、ないか、な。
たとえばいちにち、たっていても気づかないかもしれない。
おひさまが、かたむくまで。

ほかになあんにも、ない
ときたましらない鳥がなく
きりなくつづくさわさわさわさわ、
立ち止まってしまう。目をつむってしまう。
いきていけそうな気がした。
[PR]
by stelaro | 2011-04-13 07:01 | 沖縄気候

伊良部島、アカバナ。

b0048645_6382297.jpg


伊良部島へいってみた。

泊まっているところのめのまえの港
(ほんとに目の前、オーシャンビューより 港のとなり舎だねといいあった)
から、20分くらい船に乗ってわたる島。

窓からみえる島に、おもいたったら行けるかもしれないから?
というぼんやりした理由できめた宿だったのだけど、もうあんまりみんなが近いので
おひるに、船に乗ってしまった、地元のひとの足。
乗り場の桟橋にばしゃばしゃうみもすでにもうあおいので
漁船がたくさんとめられている、そんなところからあおいので
その色ととうめいと、水面のしたにゆらゆらつづいてみえるフジツボつき柱、なんかを
つい、ふしぎなになってのぞいてしまうんだった。

だって、海って、
いったいなにでできてた?

だって、いきなりどぷんと豊かにあおくて
なんか、別のもの、みたいで。

よく晴れていったらやっぱり、わたしのおぼえている「あおすぎてもう、くろいほどの空」。
いろいろなものの色が、たっぷり惜しみなく濃くてあざやかで
ハイビスカスがあちこちにがしゃがしゃ無造作に咲いていたのだけど、
ああ写真に撮ろうかとカメラを構えてぎゅっとみつめていたら急に
この花が、アカバナ、とよばれてるのを
すとんと、納得してしまったんだった。

畑ざわざわひろがるなかの、とある、アカバナ。
[PR]
by stelaro | 2011-04-13 06:38 | 沖縄気候