スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「うつせみ」

■ 2007/09/08 Sat 3:24 「うつせみ」

この映画をみてどれだけのひとがそう感じたかはわからないけれど
わたしは、とても幸福だった。
つめたくもあたたかくもなるブルートーン、
主人公のふたりのせりふは極端にすくない……というより、ないにひとしく
それでも、見つめているだけすこしずつ
彼らの生きている方法は
わたしのあたまのなかに映しこまれ、ゆっくりと溶けて
いつか、たぶん、
おなじ速さで呼吸をしている。

ただ、あいのことばだけが
ふわり、と口にのぼって
受けとめられたのがみえた。

たくさんたくさんの言葉を口に乗せ伝え電話を通し
怒りも愛撫も威嚇も、なんでもできる人々が
周囲をとりまいている、さまざまな感情、
けれどそのなかでもっともしずかないたわりでさえ
もっとも激しい号泣でさえ
ただ、ならんで座ったときのふたりの姿よりも
あたたかくて、そして今にもこわれやすそうにもろくて
危険にみちた、雄弁なものはひとつもなく。

雑音に満ちみちたせかいからぽっかりと
うきくさのように、ふたりのひとがうかびあがる。
淡くやわらかい頬と、無骨でひたむきな目。
せかいから消える瀬戸際のように生きている
その、ふしぎな生きのび方の方法。

それがもし、まぼろしだとしても。

壊れたCDプレーヤーを直す、その手のもちぬしを。
見知らぬ老人の遺体を清める、その手のもちぬしを。

おたがいによって、抱えられた頭を髪をなぜる手、
着られた髪のひとふさ、選ばれたやさしい色の服。
世の言葉でどう呼ばれても
それは、幸福ということ以外にはないのだと
ほほえみの余韻がのこる部屋で
わたしはぼんやりとかんがえる。

せなか側には、だれもいない。



data :
「うつせみ」キム・ギドク脚本監督、2004年、韓国・日本、88分
原題 : 「3-IRON」
私たちは永遠に、よりそう。
イ・スンヨン、ジェヒ
□第61回ヴェネチア国際映画祭 監督賞ほか全4部門受賞
[PR]
by stelaro | 2007-09-08 03:24 | コトノハ:cinema

still life

■2007/09/04 Tue 「 still life 」


b0048645_8405824.jpg




それは、静物画という意味だった。


[PR]
by stelaro | 2007-09-04 08:38 | フォトノヲト

うた紡ぎ、東風。

■ 2007/09/03 Mon 「うた紡ぎ、東風。」

こっこの「きらきら」を
開けました。
いつもと同じに発売日に買ったCD、
いつもと同じに、今ならと呼ばれるまで
手を触れずにいつも目の前にあった白い白い薄い箱……でも冷たくない。

……ほとりほとりと音が夜にやってくる。
くりかえし、くる。

何年、追いかけていることかわからない。
どれだけ触れてシンクロして触れられないで
やってきたかわからない、長い片恋、

ただ

もしも、海に向かってひとりで歌わないでいいようになったなら
もし、だれもが生きていて、その声がまた戻ってきたなら
それはきっとみんな、あいのうただと思っていた。
ちいさな涙を搾りとる、あたたかい、うた。

島の、幸福の味がする。
[PR]
by stelaro | 2007-09-03 04:15 | arts+music

せかいをたしかに創るひと―「男鹿和雄展」

■2007/09/01 Sat 「せかいをたしかに創るひと―「男鹿和雄展」」


急にどこか美術館へゆきたくなって
でもあれやこれやと調べてみても、ぴんとくるものがなく
ドウシヨウカナと呟いたところで、みつけたこちらの展覧会。
きっとよのなかでは有名だったのだろう、
わたしはなんにも知らなかったのだけど……

東京都現代美術館、ゆくのははじめて。
いろいろなハプニングに遭いつつも
連れと一緒にたどりつきました・・・「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」

b0048645_8464549.jpg


ポスターはトトロのすまいであり、
たぶん本気でここに住みたいと思った人が
世の中にどれだけいるでしょうか
……と、いうだけで
せかいをつくったと思うのだ。この、男鹿さん、というひとは。
寝床にはちゃんとトトロがまるいおなかで寝ている……すごくイイ!と思う。

b0048645_8471112.jpg


撮影OKプレートは展示のほんとうに最後のほうになって現れたのだけれど
この不可思議キャラクターは、かなりあちこちに散在していたの。
きっとひそかに名前がついているのにちがいないの。
帰ってから相棒さんに写真を見せたら、まっくろくろすけ、と言ったけれど
個人的にはそうではないと思うのです。ススワタリではなくて
なにかもっと、陽気なオバケ的なやつなんだと勝手に決めている

b0048645_8483323.jpg


そんなわけでトトロが登場した、、、写真ではよくわからないけれども
3メートルくらいあるふかふかぬいぐるみトトロ。
これは、もしかして
「武蔵野ジブリ美術館の受付トトロ」ではないだろうか、とちょっと思った。
だから、今、あの「走り回れる宮崎映画ワールド」をのぞいたら
門のところのトトロの家には

「ただいまでかけちゅう トトロ」

など、など、札がぶらさがっていたら
それはとてもいいなあ、、、と思ってしまった。

ほら、ちゃんと、どんぐりの包みを持っているんです。

b0048645_849566.jpg


サツキとメイ(とお父さん)の家。
原画を見るなかで気がついたのだけれど、この家の正面は
魔女の宅急便のキキの家にわりあいよく似ているんですね……。
時計台のある町ではなくて、実家のほうです。
大きな赤い屋根の張り出しがあって、その奥に住まいがあって……
昭和家屋と洋風のちがいはあるけれど、よく似ている。

キキがひとり立ちする前に住んでいた家、
映画では一瞬しか映らないんだけれど、庭に花や薬草がいっぱいの
「コキリの家」。
……コキリはキキのお母さんの名前。(ちなみにお父さんはオキノさん)
そちらも原画があって、すごくよかったです。
お母さんの猫のメメもしっかり登場していたということを初めて知った!
わたしはとてもうれしかった。
原作の「魔女の宅急便」も、とても好きだから。

b0048645_8493364.jpg


おまけ。

おりがみでトトロがつくれます(!!)
もうこのころは閉館間近で走るようにみていて、
それでも折り方と色紙ともらってきましたが
まだ、つくっていません……かなり複雑そう。でもこのトトロはきょとりことしていて
となりにやってきたらいいだろうなあ、と思ってしまう……
うまく折りたい。(おりがみはどうやら得意でない……?)

改めて、私、ジブリ作品をものすごく見ていたのだなあ、と再確認しました。
背景担当の方なので、人物はほとんど皆無なのだけれど
分からないところがほとんどなくて、
ああ、あのシーンでこんな台詞があったよね、と
つぎつぎ、口からついで出てくるがために。

そして、全体をみてため息をつくのは、その筆のこまかさやわらかさ、で
といっても、精緻な絵と言うわけではないと思う。
ざっざっとひかれた筆の跡がそのまま空になり森になり
一枚一枚の葉や花になっていった……のが、なんとなくわかる。
せかいのつくりかた。

雲が流れている。
日が落ちる、あるいはのぼる。
何百枚何千枚のせかいを、このひとは
くりかえしくりかえし
つくったんだ、と思う。
映像になる前に、ストーリーになるまえに。
……それはまた、気が遠くなるような、こころと筆の積み重ね。

そして私は水彩絵具が好きなのだなと、今更ながらにして、思った。
男鹿さんの仕事場を再現しているコーナーがあったのだけれど
近づくと、香るのです。
絵の具の匂い。
なつかしさよりもさきに、すでに身体ごと包まれてしまうような気持ち。
絵の具に埋まるようにして一心に絵を描いていたときがあったんだと
そのときのことをぐぐっと引っ張り出されてきたような思いで。

時間の都合でゆっくりあそびながら見ることがかなわなかったのが残念でしたが
昔の作品、SFものや、最近のフリーになってからの画集の原画を見ることができて
90分待ちでも走るようにでも行けてよかったよ、と
ライトアップされた美術館をふりかえりつつ、思いました。

絵を描きたいココロをすこし
思い出した日です。
[PR]
by stelaro | 2007-09-01 19:44 | arts+music