スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

TRICK or TREAT !?

b0048645_5343950.jpg

オカシクレナキャイタズラスルゾ!

黒いマントのランタンおばけ
ジャックは姿を現した
こどもたちは大喜び?
パパとママとに渋い顔させ
とっておきの戸棚の鍵をジャックする

ほらみんなついておいでよ
全部のカギはぼくたちのもの、
ヌガーもナッツもチョコレートだって
今日は大人の手は届かない

万聖節の前の晩、
町中は大騒ぎ、大騒ぎ
お祈りはみんな明日にとっておけ?
今日はぜんぶの罪なき悪魔が飛び交って
ここ一年ぶんのニュースを忙しく語り合う
興味があったらついておいで
コウモリの先導で、魔法の焚火へ
戦利品の鍵にお菓子を忘れずに

もしも邪魔するだれかがいたら……?

どうもしないよ、ただ夜が明け、すべての聖人が現れても
ぼくはあたしは魔法の焚火から帰らないだけ
ジャックのマントの下から笑って大人の聖なるせかいを
見下ろして、矢のように飛ぶ方法を習うだけ
[PR]
by stelaro | 2006-10-31 05:34 | 点景、スロウデイズ、紅茶時間

出向ペンギン×3

■ 2006/10/20 Fri 「出向ペンギン×3」


どうもこのところ、「スイカなカードをせんでん」する一方

JR東日本のあるところならどこへでも~♪

な気配がつよくなってきた、まれにみるはたらきものペンギンですが

そのなかのいくらかが

「かなり、インパクトのあるはたらきかた」

を、身につけつつあることが、先日判明いたしました。

で、とりあえずカンリニンそれを「出向ペンギン」と呼ぶことにいたしました。

あるいは、販促ペンギンでもいいんですけど……

ええ、要するに、「スイカとあんまり関係ない品々を売るのにとっても有能!」に

なってしまったのですよペンギン。

ワザはひろがるねペンギン!


で、

なぜか出歩く先に常にペンギンのお出迎えがあるカンリニンですが

(ペンギンに愛されたのならそれはたいへんめいよなことです)

先日お出かけした際に遭遇した出向ペンギンのみなさんを紹介します。


そのいち。

b0048645_9595611.jpg


一見ふつうですが、首にかけてある「Suica使ってね」のプレートが

ひっそりと別のものに変えられております

右半分が、さわやかに深呼吸する水色の服の女のひとの背中の写真……

そして、そこにはひとこと、こう書き添えられてあります


「朝は牛乳!」


……というわけでこのペンギンは朝も昼も夜もひたすらこの笑顔で

牛乳を売りまくっているのです、ああああステキだステキだよペンギン!

そうさ南極には朝も昼も夜もないのさ!


そのに。

b0048645_9591342.jpg


ただなんとなくいつものように店頭に立っているのかと思いきや

お店のロゴとおそろいカラー(しかもストライプ)のネクタイを結んで

ちょっとしたおしゃれごころを演出するペンギン。

ちなみにお店はカレー屋です

そんじょそこらの駅カレーとはひとあじもふたあじも違うにちがいありません

立ってるだけでセンスアップ!

ペンギンは確実におしゃれごころも磨いております。


そしてそして、

さいごっ!

b0048645_9575764.jpg


「黒酢バー。」


……もう、ワタクシ、

なにも言うことはございません。

NRE(日本レストランエンタプライズ)のみなさま

これからも進化しつづけるペンギンと共謀し

エキナカのいたるところにステキ異空間を創造してくださることを

いちスイカペンギンファンとして、せつに望むのでございます……


しかし、

黒酢バー。 って……

[PR]
by stelaro | 2006-10-20 09:54 | スイカペンギン、日々笑事

このごろのスイカペンギン、出張篇

しばらく、
あまり新しいことをはじめていなかったようにみえるぺんぎん、
ですが、、、しかし。

実は、各駅で、オリジナルなはたらきをはじめていたもようです。

b0048645_1939965.jpg

……うん、そうだよね
きっぷは大事だよねペンギン!

こうして、かれは
くる日もくる日も朝5時から夜1時まで
みちゆくひとに切符のたいせつさをよびかけているのでした

なんて、なんて、けなげかつ仕事熱心なんでしょう。

「みなさん切符はたいせつにね!」

[PR]
by stelaro | 2006-10-10 19:39 | スイカペンギン、日々笑事

もくせい、ひかり

■ 2006/10/03 Tue 「もくせい、ひかり」

b0048645_94269.jpg


まっすぐなひかりがこぼれた

そぼふるあめのすぎたあと

あまくけぶるもくせいのにおいが、ひそりとぼくにおしえた

さいごのなつが、いったよ、と

やけつくひかりが、さったよ、と

[PR]
by stelaro | 2006-10-05 09:02 | フォトノヲト

備忘録:ミュージアム、1

■ 2006/10/01 Sun 「備忘録:ミュージアム、1」

9月30日土曜日、
ブラティスラヴァ絵本原画展へ、ゆく。

……徒歩25分の市立美術館なんだけれども
(注:カンリニンは歩くのが遅い、しかもころぶ)
ほんとうにほんとうに滅多に行かないのはどうしてか。
日比野克彦展と
日本画を見に行ったこと(上村松園~三世代の一挙展示)
……くらいしかちゃんと記憶に残っていないかも、で。
ほかにも何度か行っているはずなのですが。
が……。

ブラティスラヴァ、とは
チェコで行われる絵本展覧会、で
その年に出版された絵本が各国から出品されて
一堂に会する、歴史のふかい展覧会なのだそうです。
それと一緒に今回は古いチェコの絵本を沢山もってきていて
併設のミニシアターではアニメを上映していました。
シンプルであったかい話、
数え歌のようなものはやはり多少
どこの国でも暗さを秘めているのでしょうか

小さいころお気に入りだった「おばけとかっぱ」という
本があるのですが、それが
原本で展示されていて、驚きつつ。
まさかこんなに古い本だったとは。
カレル・チャペックの作品でした。
チャペックの本は他にも幾冊かうちにあって
古いけど新しい話だなあとつくづく思う。

出展されていた原画のなかでは
「金曜日の砂糖ちゃん」
「ゾエがまちがった発音をした日」が
気になりました、、、
砂糖ちゃん、は日本の人のだから買えるかな。
ゾエは、アルファベットをおぼえる子供向けの本だと思う、
みどり溢れる庭で白い犬が赤い本を芝生に広げて
覗き込んでいる、、、という
くすくす、とわらって話しかけたくなるような絵が
ぽつりと展示されていました。

ほかにもいろいろあったんだけれども
たくさんありすぎて憶えていられなかった…(涙)
韓国の人で素敵なものがあったなー

アニメで見た「郵便屋さんの話」<これもチャペックの作品は
子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで
それぞれにそれぞれが、楽しめそうな
素敵なフィルムでした。

宛名のない手紙の内容が、恋人への求婚の手紙だと
郵便局の小人妖精におしえてもらった郵便屋さんが
その手紙を配達するために
国中をテクテクあるいて川を渡って山を登って
一年と一日目に、差出人の青年にやっと会える話。

私、ロシアのものとか好きだったけれど
なにかそういう雰囲気と少しずつ似ていて
くすくすおもしろくなつかし、それで
おわったときになぜかうれしい。

そんなような展覧会。

置いてあった、あひるの木彫りのおもちゃ、
ほしかったなあ、、、、
棒がついてて引っ張って歩けるんですが
あひるの水かき足が、ゴムでできていて
進むたびにくるくる回ってぱたぱた音立ててついてくるのですよ。
五歳六歳の子にまじって喜んでひっぱって歩いておりましたよ。

いいんです。
身長だけなら10歳児に負けるんですから!<???

b0048645_2225777.jpg

[PR]
by stelaro | 2006-10-01 21:51 | arts+music