スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

レピシエ→ルピシア

■ 2005/08/30 Tue 「レピシエ→ルピシア」

8月31日をもって愛用の紅茶屋さん
レピシエ、が
リニューアルして日本茶中国茶ブランドと統合され
ルピシアにうまれかわるということで

それを記念して(?)おうちでお茶をのんでみた日。
名前が変わればロゴも変わりティーバッグのデザインさえも
変わるのです……ということで
こんなように支度してみたり。

b0048645_0482411.jpg

お茶請けはブルーベリーのチーズケーキです。

さかのぼること十日くらい前
チーズケーキが食べたい熱にとりつかれ
口を開くと
暑い、かまたは、チーズケーキ、、、が出てくるという
うわごとみたいな日を送っているのです。

困ったことに頭の中には「食べたいチーズケーキビジョン」があって
それはごくごくシンプルなレアチーズのタルトなんだけれど
よりによって神田精養軒のホールのレアチーズケーキで
今現在はたぶん製造販売中止となっており、、、

そんなわけで中途半端に熱は高まったまんまなのでした。
外見はすごく「モロゾフのレアチーズタルト」と似ているのだけど
味はどうなんかなあと、きらきらのロゴを遠くから眺めては
買う決心はつけられないで引き返してきたりする
あやしいエプロン娘と化している最近。

神田精養軒はとても地味だけど
たとえばロイズに対する六花亭くらいのひっそりさだけれど(どんな比喩?)
私の中での地位が不動なので……
いまだにアップルパイ+手焼きクッキーが恋しいので
クレームパフはいらないクッキーがほしいほしいの、と
呪詛に似たような呟きを新宿に向かって投げたり投げなかったり。
(神田精養軒の本社工場は新宿区にあるのだ)

いずれにしろマボロシの食べ物なので
お茶濁し系レアチーズケーキを買ったのでした。
……お茶濁し系だけあってケーキははるか後方……。

さようならレピシエさん紅茶との出会いをありがとう。
[PR]
by stelaro | 2005-08-30 23:46 | 点景、スロウデイズ、紅茶時間

かえりみち

■ 2005/08/26 Fri 「かえりみち」


b0048645_22111742.jpg

a flower

b0048645_22141538.jpg

something in the darkness

b0048645_2215784.jpg

borderline

[PR]
by stelaro | 2005-08-26 19:08 | フォトノヲト

野の花

■ 2005/08/26 Fri 「野の花」

ブーケ柄はあまり得意ではないのに気に入ってしまった
名前を知らない花の柄のプリント、
気がついたら古着でちょっとずつ集まって
スカートは赤で、スカーフがサーモンピンクで、
ワンピースは黒で、ばらばらに手元にあるプリント。

きっと野の花のようなブーケが好きだ。

b0048645_2223346.jpg

ワンピース+オーバーブラウス=田園詩+ガーランド
[PR]
by stelaro | 2005-08-26 18:21 | 服色日記

夜の住人

■ 2005/08/24 Wed 「夜の住人」


つめたさを隠した風に、その日、ふるえていた。

b0048645_2335160.jpg

落ち着いてしまったのですか
それとも、諦めてしまったのですか

b0048645_23365890.jpg

しおれていくもの、これからほどかれていくもの、
少しずつ螺子は巻かれてゆるむ

b0048645_23372291.jpg

夜、蔦の葉はのびながらりりと鳴くと、言ったら首を傾げますか

b0048645_23375321.jpg

18時、唐突なひかりにゆるんでいく
きっと真夜中にあなたがひとりで咲く

b0048645_23382314.jpg

さらわれてしまう

路傍の光。

[PR]
by stelaro | 2005-08-24 22:32 | フォトノヲト

オルガンコーデ

■ 2005/08/24 Wed 「オルガンコーデ」

なんとなく、オルガンの服ばかりを着た夜。
こうやって揃えるのは、めずらしくて
もしかしたら、はじめてのことかも知れなかった。

b0048645_1029452.jpg

……ブラウスだけ違います、素肌に着るものは汚しやすいので
もったいなくて、ほとんど袖を通すことがないので。
雑貨屋さんで買ったやすうい(しかしやわらかくて心地いい)シャツとか
スモックブラウスなどが重宝する、それがだいたい定番です。
あとドロワーズは月の王冠のものをほぼ常に愛用、
気兼ねなくおせんたくできることはとても大切。

エプロン+すみれ柄スカート+鉤針編みボレロ=ストリートオルガン
ブラウス=L.B.C、ブローチ=Garland(すずらん裏彫り、白)
[PR]
by stelaro | 2005-08-24 20:28 | 服色日記

夕暮埜道

■ 2005/08/24 Wed 「夕暮埜道」


暮れていくなかを秋の気配が濃く走り
揺れているものや灯っているものばかり
目について、仕方なかった。

b0048645_23104628.jpg

デンキクラゲ、は、軒下で
夕飯時のひとたちをその脚でなでて

b0048645_23113341.jpg

ほのあかりにむかうさるすべり
風がさわいでざわりと鳴った

b0048645_23123744.jpg

どこへ行こう。

[PR]
by stelaro | 2005-08-24 19:10 | フォトノヲト

追憶

■ 2005/08/18 Thu 「追憶」


暑い日のひろいもの

b0048645_21301756.jpg

くだけた紅、さるすべりの
ひとひら。

b0048645_21405538.jpg

どこまでもゆっくり歩いていく
ワンピースの裾なんて、ほら
まるでもうなつやすみみたいだから

b0048645_21371184.jpg

このあいだ、ここに座ったのはいつですか
握れば握るだけ手のひらには鉄の匂い、
夕方におちていく、鉄棒、ジャングルジム、それからブランコ

b0048645_21393088.jpg

こんな空に見覚えがあるよ
上と下のぐるりがさかさまになりながら
ひとりで笑う、ひとり

b0048645_21401969.jpg


b0048645_21415890.jpg

「さようなら、またあしたね」

そんな挨拶がふと、とけて消えた
盛夏。

[PR]
by stelaro | 2005-08-18 17:27 | フォトノヲト

音符レース、ジェーン

■ 2005/08/18 Thu 「音符レース、ジェーン」

白いワンピースを着るのはとくべつにまぶしい夏の日。
2年くらい前の5月、立ち寄ったお店で
白いワンピース(とくにクラシックな形の)が好きでしかたないと
そんな話をしたとき、ぱっと微笑まれて
「ありますよ!」
と、、、ラックから外してきて広げられたのがこのワンピースだった。

音符のモチーフのレースが裾についている、スクエアネックの白い服。
背中がファスナーではなくてぼたん留めで
そのぼたんが黒のシェルなんです。
ずらりと裾まで並んだ黒いぼたん、
地色と反対色のボタンは、とても可愛らしいと思う。
(そうでなくても意味のないボタンが好きです、意味もなく長いリボンも)

b0048645_1540290.jpg

ほんとうは、ほんとうは
一枚でさらりと着られたらいちばん素敵なのだけど
……まだ、それができないのはさみしいけれど。

久しぶりにペチコートをきちんと仕込んでみた
裾のほうがひかえめにふわりとするのが
嬉しかったりする、夏の夕方。

ワンピース=JaneMarple、ブラウス=サニークラウズ
ペチコート+カットソーカーディガン=Garland
靴下=ワンダフルワールド
[PR]
by stelaro | 2005-08-18 15:39 | 服色日記

月と桃、夜半の木綿

■ 2005/08/17 Wed 「月と桃、夜半の木綿」

あまりまじめに着られないけれど
着物は好きで、少しだけ着ます
と言っても、なんとか自分で帯を結べるようになったくらい。
15分のてきとう着付けで……きちんと着られているかは、謎。苦笑

b0048645_1214641.jpg

下駄は祖母の家から出てきた古いものをもらいうけました。
最近はサンダルみたいなつくりの底が多いですが
古いだけあって、しごくふつうの下駄で、
はじめのうちバランスをうまく取れなかったり。
ただアスファルト向きでなかったかもしれません……
底、貼りなおさなくちゃだめかな。ううん。

b0048645_12143461.jpg

桃色お月さんに蝶々の織りの白い帯、、、
持っている中ではいちばん古いものですが、気に入っています。
今年はきれいな浴衣がたくさん売られていて
いいナ、とときどき売り場を覗いていました。買わなかったけれど。
アンティーク着物の流行を反映してか、浴衣というよりも
「薄手もめんでできた着物」という色柄が多かった。
私がみたもののなかでいちばん素敵だったのは……白と浅葱の地に
紺と紅で「くじら」をあしらったものでした。ほんとうにバリエーション豊富だな、感心。

黒地にぼたん柄や薔薇など流行っているみたいですが
わたしは……もう少し古典的な浴衣が、好きみたいです。

b0048645_12191916.jpg

帯を結んでいるのはかなり好きです。文庫にしてみた。
成人式でも着物は着ていず、今まできちんとした席で着たのは
大学の卒業式の袴、ぐらいだったのだけれど
やはり和服は好きだな、と思う。四年程前から少しずつ
たいしてよいものではないけれど、好きな色の着物を手に入れている。
とくにお祭や夏でなくても袖を通せたらいいなと思います。
とりあえず、、、お抹茶の色と、濃い紅小豆の色の二着は、早くに着たい……
その前に名古屋帯を結べるようにならなければ?

粗忽者だし、持っているのは大体みんなポリエステル着物なのですが
それでも、いつもの洋服とはちがう、この自由さとしゃっきりした感じが
気持ちよくて、すきなのです。

薄手のもめんの袂がひらひら揺れて、ああ晩夏だなと感じた夜の日のこと。
[PR]
by stelaro | 2005-08-17 20:13 | 服色日記

からすうりともしび

■ 2005/08/17 Wed 「からすうりともしび」


八月、
ゆるやかに風が吹くとき。

ともされたひとつ。

b0048645_2224912.jpg


b0048645_22244753.jpg


b0048645_22253113.jpg


b0048645_22262576.jpg


b0048645_22271885.jpg


目をとじて揺らぐほのお、そればかりのあかり、
ぼくは、まるで、なにかを置き去りにするような気がしてならなかった。
[PR]
by stelaro | 2005-08-17 19:23 | フォトノヲト