スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:moon afternoon( 7 )

大草原

■ 2005/08/10 Wed 「大草原」

唐突に、このエプロンが着たいナと呟いて呟いて
けれどなんだかお天気が微妙で
うろうろぱたぱたしたあげく、にこんな格好になってみて
ああまたごちゃまぜコーディネートになったなと思う。
いつもいろいろ取り混ぜていると逆に上から下まで同じところの服、が
着たくなるから不思議です。

鏡を見たら、どうも、ひつよういじょうにカントリーテイストになっていて
昔大好きでよく見ていたドラマの「大草原の小さな家」の
ローラの雰囲気を思い出してしまった。
小花柄のワンピースにふんわりエプロンにお下げ髪。
ドロワーズとペチコートを仕込んでばさばさと駆け回れるぐらいになったらいい、かな。
丈高い草のあいだを縫うように走って飛びこえていくときに
蹴飛ばされてふわっと広がっていたスカートとペチコートの厚み。

こんな服、のイメージはあくまでも
走りまわるための服なのだったから。

b0048645_343215.jpg

ブラウス=ShopDADA
スカート=ストリートオルガン(すみれ柄)
タブリエ+ドロワーズ=moon afternoon
ペンダント=Jane Marple
帽子=AH、コサージュ=Garland、靴下=ワンダフルワールド
[PR]
by stelaro | 2005-08-10 20:00 | moon afternoon

生成木綿、休日

■ 2005/07/23 Sat 「生成木綿、休日」

あかるすぎてまるで黒く見えるような
空と日差しがやってきていることに気がついて
なんだか急に、着たくなってしまった服。
思い立っても外に出る用事があるわけでないまま数日たって
とくに装う口実もなく、とうとうからだをくるんでしまった。
それだけに飽き足らず、重ねるタブリエ。

b0048645_14451410.jpg

ひだを押さえつければ、よりふわふわとした生地のきなり
たくさんの布地につつまれているこの感じが
とてもとても、好き。
たぶん、与えられるのはくるみこまれる安心。

b0048645_14455919.jpg

……土足ではありません。
まだ、おろしていないストラップシューズ、で
今はいているものを履きつぶしたら代替わりさせようと思っている新しい靴。
臙脂の色が少しつよくてストラップも細い、
好きな形の靴。そうそう見つけられるものでないので
思わず買い置いて、しまっておいてあります。

みじか丈のくつしたにストラップシューズの足元を見下ろすと
どうしてこんなに頼りないような気持ちになるのだろう。
身軽で、正しくて、不釣り合い、
誓って言うけれど、こどものころにこんな靴をはいたことはなかった。

ワンピース+タブリエ+ドロワーズ=すべて月の王冠
ペチコートスカート=ケティ(?)
ペンダント=ジェーンマープル
[PR]
by stelaro | 2005-07-23 14:43 | moon afternoon

clothes note

■ 2005/05/31 Tue 「clothes note」

b0048645_2113457.jpg
b0048645_2115239.jpg
b0048645_2121043.jpg

夏の勢い、
綿ローンと黒が急に恋しくなったので、今年最初のワンピースを着た、
JSK&ブラウス、月の王冠。

黒の綿ローンの基本ワンピースをJSKにして
それから、白のセーラーブラウス。
真っ白のペチコートと合わせるのが好き、
まるでどこかの制服みたいになってしまうけれども
そういうのが、相応しいような気持ちの日も、用意されているらしいので。

moon afternoon。
[PR]
by stelaro | 2005-05-31 20:11 | moon afternoon

SO-CO! 3/30 sakura, moon afternoon

桜の開花宣言がすこしずつ遅れているようなこのごろ、
例年ならば入学式前に散ってしまっていた花だけれど
今年は、もう、
まるでそのとおり
桜の花に迎えられた入学式、となるのかもしれないです
ぼくが小学校へ入学した日は、雨が降っていました
したがって、記念写真は白いレインコートと赤いかさとランドセルであり
あまり「およそいき」っぽくはありません
その下にはきっと母の手製のベルベットのジャンパースカートを着ていたのに
ちがいないのですが。

そんな春の記憶

桜の咲いていた入学式と言えば、むしろ大学のときで
正門からしばらくのところに立つ、古い桜の木が何本かみんな
都の保護指定樹木なんていうオビをめいめいおなかにまきつけながら
花を降らせていましたっけ。

このところmoon afternoonのエプロン(カントリータブリエ!)が着たくてしかたなく
なかなかそういったことの叶わない生活にさびしがることが多いのですが
このあいだ、ふと、真夜中に
そうだ桜が咲いたらお花見に行くときに着てゆこう!と
思い立ったがために、桜をよけいに待っています
おそらく近所の公園まで、ふわふわのエプロン着てひとり
ポシェットとカメラと……ごちそうはなしで、缶のお茶などひとつ携え。

この際だから、ドビーチェックのワンピースなど合わせてしまって
思いっきりスイートな格好をしてしまおうではありませんか……!

ぼくの持っているドビーのワンピースは2003年の秋シーズンに出た
シンプルな衿なしの長袖で、しかし色合いは桃の濃淡チェックで
ぼくが持っている唯一のちゃんとピンク系のお洋服、です。
胸元には巻き薔薇刺繍が入っています
丈が長かったもので、店長さんにおしえてもらって
幅1.5センチのタックをいれ……
調子にのってそこにみようみまねで同じ刺繍をほどこしてしまった
ちょこっとオリジナルなお洋服となっています。
それだから、もう、ね
世界に一着しかないワンピースになってしまっている。

そんなお洋服
きなりのタブリエとあわせたらきっととても可愛い。
浮かれウサギのお茶会、
いつもとはちがうおめかしでもきっとだいじょうぶ
だって桜の季節だもの。

そういうわけでたのしみにしています
さくら、さくら。

(today's topic, SO-CO! 3/30)

b0048645_10102240.jpg後日追記、

……こんなヒトになってみました。

宣言どおりに
ガーランドのドビーのワンピースに
月の王冠のカントリータブリエ。
久しぶりに袖を通したら
ワンピースの袖口のレースとか
うしろで結ぶりぼんとか
(ほそめの紐タイプなのが好きです)
そんなところが目について
ああ、かわいらしい服だったのだ、と
いまさらに思ったり。
ふだん着ていないと
これだけちょこっとしたものでも
地色とちがうベージュのレースは
くすぐったくて仕方ないです。


タブリエのシーチングはたっぷりやわらかくて
このほのかな毛羽立ちと、茶色いかすれたネップのまじっているところが
見ているとしあわせになってくる。すそまわりのレースも。
月の王冠の服はたぶんいつも着ているスカートよりも
1.5倍くらいのたっぷりしたすそまわりで、
歩くほど足元がふわふわと揺れておもしろかった
何度か見かけた、ピンクハウスをフルセットで着ているひとたちの歩き方を
なんとなく連想できたりした
重なり合ったたっぷりの布が足元でゆさゆさ厚みをもっていくあの感じ。

桃色ときなりの組み合わせは、とてもとても甘いと思う
はじめて着てみた
いやあ恥ずかしいかも。
肩フリルも初挑戦で
あとはもう、おさげ髪でスキップするしかないくらい。

桜はまだぜんぜん咲いていなかったけれど
三月ウサギずれこみ四月のうかれたお茶会には
ちょっとふさわしいような心持ちになったことです。
[PR]
by stelaro | 2005-03-30 11:52 | moon afternoon

ギンガムうさぎ、格子薔薇

■ 2005/01/28 Fri ギンガムうさぎ

ああカネコ系のプリントってどうしてこんなに秀逸なのかなーと
ウェブサイトをみて、よるの夜中にこまりはててしまってみる
今日みたのはカネコじゃないですけど、ピンクハウスですけど
ギンガムうさぎ。
茶色いの。
あちこちで画像を見せていただけるけれども(PHはたくさんサイトさんがあるから)
茶色をみたのははじめてで、無我夢中でかわいくなってしまった
おなじプリントでもベースの色がちがうと別物のように印象がかわる
本物をみたらもっともっとちがうに違いない
いつかワンダフルに出かけていってちょっとずつ教えてもらいましょ、ぜひそうしましょ。
めくるめく木綿のお洋服、クローゼットとよぶのにふさわしいところ

動物のプリントってあまり夢中にならないほうだったはずなのだけれど最近そうでもない
なんだか妙にかわいく思える
もっぱらいっしょに歩くヒトが動物プリント反対派なのであまり大声では言えない……
けれども、うさぎとかくまとか、ちょっと着てみたいかなとぐらぐらしてきた
これもひとつの慣れ、でしょうか?
たとえばエプロンを着て平気で外を歩けるようになるような

もっている数少ないカネコのお洋服はひとつのこらず古着で
かくして、チェックするリサイクルサイトさんがいくつかあり
(購入できるかと言うのとはまた、別物です)
過去のプリントでお気に入りと言うのもすこしずつさだまりつつあり
めちゃめちゃキレイだなあ現実を見たら卒倒しそうかなあ
そんなふうに、ディスプレイをみて、おもう
野菜とかすすきとか、そんなのをプリントにするですか!?みたいなのが
あああ、素敵~~、となってしまったり

ブルーベリーも、小さなばらも、いちごも、オリジナルチェックも

担当さんが今度いらっしゃったらいろいろ教えてあげますよう♪と
そうおしゃっていたので、たいへんたのしみです



本日、田園詩の古着のワンピース
大きな格子柄と薔薇、のくみあわせの茶色とオレンジ
プリントは豪華なんだけれども、かたちはいたって単純で
Aラインですっぽりかぶってうしろで紐をリボン結びして、おしまい
胸元にタテに幾本か、ほそめのタックが入っているのと
襟まわりと袖口にケミカルレースがついているだけ、あとはもうなんにもなし
普段着の田園詩
moon afternoonのカントリーダブリエを着てみたら、しっくりなじんで
ちょっとしたおさんぽスタイルに、なった
思いつきで着たあちこちの服がこうやって似合ってくれると、ちょっとうれしい

b0048645_22105399.jpg

[PR]
by stelaro | 2005-01-28 01:13 | moon afternoon

ひとりでこだわる

■2004/11/29 Mon ひとりでこだわる

moon afternoonのワンピースで外に出る
綿ローンでなく、ジャガードのほう
小さめのブーケ柄
あかるめのオレンジがかった濃いベージュで
薄めのさらさらする生地のスカートが、ほんとうにたっぷりしていて
足にまとわりつくものがほとんどない、という感じ
むかしのヨーロッパのドレスの足元はこんなに自由だったのか知らん
コルセットや靴や結い上げた髪や、いろんな「不自由」も見えるものの
スカートの中で足が泳ぐ感じ、はあったのじゃないかな、っていつも思う
歩くための靴をはき広がったスカートを着ると
ほんとうに颯爽と歩くのにぴったりなので
かなり大またで好きなように、きもちよく歩く姿勢になる

(そういう生活をしているのでタイトなスカートをはくとまじめにころびます、(○_○;)

たくさんの布をつかったスカートを着るとそれだけでうれしい

ぼくが持っているお洋服の中でいちばん贅沢に生地をつかっているのが
このワンピースなのだった。カネコ服もいくらか持っているのだけれど
すごくボリュウムのあるワンピース、はたまたま持っていないため……
裾まわり2メートルくらいがぼくの着る服の標準でないかと思うのだけれど
(それもまた、世間の女のひとから見たらかなりの分量でありましょうが)
こちらのお洋服は、、、たぶんそれが一気に1.5倍くらいになるので
つねひごろふんわりで生きていても特別になるのです
うれしさ1.5倍?(笑)

先週、12月分のお申し込みがあったのだけれど
またまた悩んで、でも一年つもっていた欲に負けて
ダブリエを注文してみました
受付開始から一時間くらいでクローズするときもあったので、どうかなと思ったけれど
今回はほんとうに幅広く時間をとってくださったみたいで、無事に予約成功、し
ハイウエストの、ふんわりダブリエ、を
すごいなあかわいいなあ更に年齢不詳だなあ着てもいいのかなあ~<うれしげ。

どちらかと言うといっしょに歩いてくれるひとのほうが偉大かなと思うときもあります
猫耳帽子をかぶっていても赤毛のアンへのオマージュみたいでも、それでも
来ている本人がつねに意識できるのは、ただただ、着心地のよさで
あたまからつまさきまでが目に入ることは、ないので……

さて。
お洋服をうけとりにいくときはそのブランドさんのものを
たいてい必ず身に付けているのだけれども
moon afternoonの場合は直接手渡してもらえるブランドさんではないので
そういうわけでお振込みにいくときに、えいえいと
ちょっとした儀式のように特別気分でお洋服を選ぶのです
だれも見ていなくても
なんとなく
ひとりでこだわる

今年はまた11月も終わるのにまだまだあたたかいから
真夏に着られたこのワンピースでも外を歩くことができて
ほんとうに身軽な感覚だった
あしもとのさらさら、

ただペチコートはちょっと、失敗しました……
裾からレースを見せたかったわけではないので(むしろ防寒用)
なんだか気の抜けた感じに、してしまったような

だらしなく見えないようにふんわり大きいものを着るのは案外むつかしいのです

date : 2004/11/29
濃ベージュのワンピース+みどりのもこもこフード付きカーディガン
moon afternoon+HARMONICA
[PR]
by stelaro | 2004-11-29 16:54 | moon afternoon

点景 月の王冠のワンピース

b0048645_14142481.jpg2004年10月27日、水

moon afternoonさんの11月分お申し込みしめきり、
このところ受付終了が早いことが多いけれど、チェックしてみたら
今回はまだ大丈夫で……
思わずまたカタログを見かえして検討してしまう。ほしいと言っているときりがなくなってしまうから、がまんを頭に置いてがんばるのだけれど、これが案外たいへん
それにしても新作のブラウスがとっても可愛いです、丸い衿のブラウス、どこにでもありそうなのに、いざ探しまわるとなかなか見つからない。子どもっぽくなりすぎないレース使いやかたちがポイントなんじゃないかなって月の王冠のお洋服をみるたび思っている

ここでいちばん最初にお願いをしたのは、綿ローン素材のワンピース
いつもJSKとして着ている、まさにこの写真のもの
こと、ネットでなにかを購入するのがまったくはじめてで
どきどきしながらメールを書いたこと、今でも憶えている
慣れないままご迷惑もかけてしまいましたが、本当にお気に入りになり
綿ローンという素材のよさは、このお洋服におしえてもらいました

サイトのトップのコーディネートにあこがれて頼んだものでもあるので
これはぜったいに裾からペチコートを可愛くのぞかせて着るのだ!と
基本の丈よりも10センチ短くして作っていただきました
それだから110センチ丈です、白いペチコートがとても似合います

基本がシンプルなのでいろいろと合わせるもので楽しみやすくて
……思いつきで手元にあった黒のレース糸で少しリボンを編んでみて
ウエストにあわせてみたら、これが一気に豪華な感じになりました
残念ながら糸が少ししかなかったのでそのときは間に合わず
黒の幅広のサテンリボンを買ってきて使ったのですが
でも今年の冬にはつくってみようかと思います、黒のレース編みの、サッシュ

結局、、、今月お願いできたブラウスが届くのをとてもたのしみにしているし
今回は、がまんすることにしました。
カントリー風のダブリエが今年中に再販されるといううれしいおはなしもあったから
今日はこれでおしまいにします

カットソー+ワンピース+ワンピース=shopDADA+jane marple+moon afternoon
[PR]
by stelaro | 2004-10-27 23:00 | moon afternoon