スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

がらすびんの夜穴

がらすびんの夜穴


耳が
かすかにきいんと鳴って
しずけさが降りてくる
この底へ

ほのあかり
きいろにてらしだされるいくらかのものもの、ぼくの
イノチをわずかに支えおぎない
いつか独白しはじめてゆくささやかな
そしてとりかえしのつかぬ
ものもの

つるりとしろいマグカップ
窓際に置いた、こわれた花びら
なんの変哲もないガラスのコップよりするりと
たちあがるスカビオサ、まるい陰影
そのすこしだけ褪せた紅のいろは
部屋のなかに点在するのだ
増殖をつづけて、

「あかをください」

ながれるいのちのかわりではなく
その足をせきとめる枷ではなく
ただ、遠くくろいぎんがの周辺
たちこめてうごめく、プリズムのこなごな、
屑であれどひかり

あのひとの音をききながら
ねむろう
ねむったふりをして
次の朝、へ

涙しても涙してもわらってもさけんでも

ちいさな巣にて
ふるえるものよ
何かをまちがったわたくしのまま息をつづける
きいろな温度につつまれて
いくばくかのあたたかい
夢を
のぞみながら



2007.12.24,mon Ma.I
[PR]
by stelaro | 2007-12-24 03:22 | コトノハ:呟