スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

「NANA」

■ 2006/06/09 Fri 「NANA」

ええと、笑いの方向に弾けていない下妻物語、かな?

……などというと、たぶん誰かから殴られそうだけれど。

コミックスの「NANA」はね、読んでいません。
矢沢あいは、「天使なんかじゃない」から
絵柄がついていけなくなり、読むのをやめてしまい
そのあと、手にとっていないのです。
……でも、いい話だというのは、知っている。
どうしてかわからないけれど、知っている。
(だからもともと矢沢あいはいい話を描くんだよ!<?)

あとからぼんやり想起すると、要所要所がやはり「少女マンガ」でした。
ヴィヴィアンウエストウッドが光っていました。
宮崎あおいの笑顔があんなにツクリモノに見えたのは初めてでした。
小樽の倉庫街では暮らせないよなあと思いました。
いちおう脇役(?)のドラムスのお兄ちゃんが素敵すぎました。
あの脇の最前列はめちゃめちゃ顔がわかりやすい位置です。

……と、いろいろ雑音は入るのだけども

たとえば下妻で桃子×イチゴがそうであったように
ナナ×ハチの、この
女の子にしか作りえないだろうなと思う恋人みたいな友達関係、
適当にクールで適当にひとりっきりで、ものすごく密度の濃い「ふたり」と
それから中島美嘉の奏でるオンガクのかっこよさで
私は全部を良しとします。

たとえばなんだか仕事で疲れて真夜中で
そこらじゅううらさびれてげっそり疲れて
何かあたたかいものでも飲みたいようなのにお店は軒並み閉まってて
お財布の中には五千円札しかないし、だいいちもう6月中旬だから
自販機はみんなキンキンに冷えていてどうしようもなく寒い、みたいな
そういう、なんだよこれ!という晩に(つまり今日?)
駅のシャッター前であまり上手じゃないギターを抱えて
お兄さんが二人歌っているのを見たとき
それに誰も立ち止まりゃしないのにギター抱えて
冷たいタイルにふたりで座って歌っているのを見たとき
なんとなく
あの眩しすぎるライトの中と外と、大音響と、声と、狂うくらいハッピーな気分が
がががっと心によみがえってきて、白い部屋でナナが、シャウトして、

ああ、オンガクって大事かもしれない、と。

その気持ちだけでどうにか家に帰って来られた身には
もう何も言うことはない。

すべてのライトに、乾杯。



data :
「NANA」大谷健太郎監督、2005年、日本、114分
原作 : 「NANA」矢沢あい、集英社
夢を歌う。
夢に恋する。
そして、二人は夢を奏でていく。
中島美嘉、宮崎あおい、成宮寛貴、松山ケンイチ、松田龍平
2005年日本アカデミー賞主演女優賞:中島美嘉
[PR]
by stelaro | 2006-06-09 02:11 | コトノハ:cinema