スティルライフ, I follow the sun

nodakruco.exblog.jp
ブログトップ

最後のジェーンマープル

■ 2004/12/30 Thu

年の瀬のマルイにてくてく出かけていってみる
ジェーンマープルをめざして、てくてくゆく
途中の地下街でカレンダーフェアをやっていて
目をみはったくらいに、なんでも置いてあった
丸善ブックメイツは文具と雑貨関係がすごく充実していていいなと思う
雑誌でお世話になっていたころは、、、うむむむむ、さておき

完売したきたのじゅんこのカレンダーも
伊藤尚美さんのも吉尾良里さんのもみんな置いてあって
いちばんほしかったのはやはり吉尾良里のなんだけれど
ものすごくサイズが大きくて……台紙が二つ切りサイズくらいあったと思う
カレンダー自体は台紙に、それに写真とイラストだけの12枚月めくりがついている
あいかわらず、とても、よかった
しろっぽい写真のうつりぐあいやペンで添えられた何の気なしの画が
とてもとても、おちつくので、ああぼくはほんとうに好きだ

けれど、カレンダー
気に入って買ってくるのに自分の手で壊さないといけないのはかなしいので
最近はあまり買っていず、吉尾良里のカレンダーはいつも
ばりばりとやぶらないといけないものなので、今年もまたみおくった
それに、いくらなんでもサイズが大きすぎたので

そうして、てくてくとまたマルイに向かってゆくのだった
12月30日にこんなところにいたことなんて、たぶんなかった
あんまり人が多いので(いや、ここらあたりはいつも多いけど)
気分的に迷子になったりして
アクセサリー売り場がずらっとならんでいる、今って何のフェアになるのか知らん?

とにかくジェーンにやってきたのは
担当さんにさようならを言うためでした
はじめてジェーンに来たときからずっとお世話になっているひとが
退社することになったので、、、お別れを言いたいとここまで

買った服のほとんどすべてはこのひとを通じて受けとった
たぶん一枚のこらず……どこかでこの人の手を通して
ギフト、であるお洋服、
そういう経験をしたのはすべてこの場所とこのひとが最初だった
ジェーン、イコール、この店員さん、でもあるから
なんだか自分のジェーンマープル生活が終わっちゃいそうでさびしかった

いつものごちゃまぜスタイルではなく
ジェーンマープルを身につけてゆこうと頭をひねる
そもそもコートがジェーンなのでジェーンになってしまうのですが
それでもやはり、、、お店に行く時はそのお店のものをと
今ではそういうふうに、自然に思うようになっているから
そういうわけで帽子をふたつ持って出かけてしまいました
ジェーンで買った帽子は二年前のカーキ色のぽんぽんベレーで
ずっとかぶりつづけるのは、少々きつく
サニークラウズのマッシュルーム帽子をかばんにつっこんで、出かける
(偶然だけれどこのマッシュルームはシルエットが少しジェーンらしい)
去年買った別珍のコートで(時間がなくてケープをつけてゆけなかった、不覚)
グレーのジャンパースカートで、、、ペチコートがわりにキュプラのスカートで
カーディガンだけ、田園詩のたけみじかなボレロ風ので
この間いただいたくまのネックレスで(秋のノベルティだったようです)

みつあみでベレーで鏡をみたら、ジェーンマープル少女が映っていて、笑った
ああこのショップに通っていた二年半くらいで、実はちょっとずつ
ジェーンマープル風のコーディネートを身につけていたんだな、と
はじめてそんなことを、思った、レースもパニエもミニスカートもなくて
それでもろりちゃんであるというこのスタイル
まあ、顔は、ともかく。

担当さんはメールいただいたとおりしっかりお店に詰めていて
きゃあああああ、といつものようにやってきてくださったのでした
この笑顔に、ほんとにいっぱい助けてもらった
今日は、冬物のペチコート(ドロワーズとシリーズで出たやつ)を
一枚をスパッツの上に、もう一枚を腰に結んだスタイルで
やはりこの人の着こなしはちょっぴりカネコだ、と思う
お友達の手作りという、大きなコサージュをたらんと垂らしてつけているあたりまで
……年が明けたらワンダフルに移るそうです
今度こっそりうかがいたいと思います、初ワンダフルワールド
そうして靴下とかこっそり買って帰ってくるのです
絵型の見方なんかも教わっちゃうのです
カネコのプリントってものすごーーーく実物がきれいなんですよ!

春物カタログは……なんか、なんか、好みでした(T_T)
少しエレガントなおねえさんラインに戻った感じ
ドンルでないときから心の中が悲鳴でしたもん
ハイウエストのだぼっとした黒のパンツ(吊り付き)とか
セーラーのジャケットとか、ストライプの短いワンピースとか、、、どうしよう~、と。
もっともお財布のなかみはいつもからっぽなので悩むだけだけど
それでも、リバティプリントのシリーズだけ入荷ご連絡をお願いしてきました
リバティ社に発注して作ったというプリント生地の上に
レースを重ねているデザインで、ものすごく素敵だったので、思わず
実物を見てみたいな、って、、、

今度はいったいどなたから連絡をいただくことになるのか
少し、びくびく、しながら
それでも

結局ジェーンマープルがすごく好きなんだとよくわかった時間
さよならとお礼をたくさん言った

また会えますように
また来られますように
[PR]
by stelaro | 2004-12-30 14:50 | 服色日記